FC2ブログ

世界のビジネス成功事例~ケーススタディで学ぶ~

世界の有名・無名企業のビジネス成功事例をケーススタディで紹介します。 海外のメディアをソースとし、経営者である筆者の独自の視点を加えて説明しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Case2: Kellogg(ケロッグ)6 ~内容と数字で読み取るリサーチ結果~

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

<マーケットリサーチのタイプ>
Kelloggは既に人気の高かったCrunchy Nutブランドを拡げていくために、まず
“Primary Research”と呼ばれるリサーチを開始した。
これはプロジェクト、つまり『本当に聞きたいこと』に対してより適格で詳細な質問に対する答えを
得るために自社で直接行うリサーチのことだ。

kellogg_survey1.jpg


だが、もちろんこのリサーチ手法は通常時間もコストも多くかかる。
ただ、消費者から直接届く声であり、目的にあった質問方法であるため、そこから生まれる声の価値は大きい。
こういったデータを収集する方法はいくつかあるが、有名なところで言うと街角インタビューだろう。
この手法で予め決めておいた質問を消費者にぶつけることで、彼らから生のフィードバックをもらえる。

そして、このprimary researchの中に定性的な質問と定量的な質問の両方を混ぜるのだ。

定性的な質問とは、その内容を重視した質問のことで、消費者の意見や感想、商品に対する態度と
いったものを読み取るために行い、反対に定量的な質問とは、要はより多くのサンプルを集めて
なるべく消費者全体のコンセンサスとなる意見を読み取りたいわけだ。

定性的な視点においては消費者との対話を重要視する。
ここでは彼らが当該商品のアイデアに対して

「どう思い、どこを良いもしくは悪いと思い、どこに興味を持つのか?」

を分析する。

反対に定量的な視点において、年代や性別などによってグループを別け、個人の意見と言うよりは
グループの傾向を見るのだ。
定量的な手法の利点は、『数字』というはっきりとした形で消費者の統計が現れるので、行う側と
しては方向性が分かるので助かる。
また、パーセンテージや平均値等を調べることで、より的確な『ゾーン』の絞り込みに使える。

そして、“Secondary Research”、つまり二次的手法としてリサーチ会社等がおこなっている
リサーチ結果などを参考にする。
本、ジャーナル、インターネットや政府の行った統計などが良い例だ。

Secondary researchの利点はスピードが速く、primary researchより安価なところであるが、
必ずしも施工者が本当に知りたい質問にフィットする訳ではないという問題点がある。

スポンサーサイト

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2011/11/16(水) 18:00:00|
  2. Kellogg
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Case2: Kellogg(ケロッグ)7 ~4段階の情報集め~ | ホーム | Case2: Kellogg(ケロッグ)5 ~新商品開発ではないProduct Extension~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gbusiness.blog.fc2.com/tb.php/13-7c2abd67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Total

プロフィール

アントレップ

Author:アントレップ
来てくれてありがとうございます。

現在、東京港区にて小さな会社を経営しています。

大学時代にアメリカで学び、卒業後外資系の証券会社で働いていた経験を活かして、海外のビジネスの成功例をご紹介したいと思い始めました。

仕事の合間に翻訳したりしながらですので、あまり高いクオリティを保てませんが、少しでも何かしたら情報を得て頂けれれば幸いです。

自分自身の勉強のためにもこのブログを出来る限り更新して行きたいと思っています。

面白い情報等あれば是非教えて下さい。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも一覧


マーケティングと経営戦略|経営コンサルタントの心技

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
Diesel (7)
Kellogg (9)
シェル (9)
貴志祐介 (0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
7851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
1592位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。